Home > 新農地法によってできること

新農地法によってできること Archive

農地の相続税納税猶予を受けたい方

遊休農地になりそうな物件は、より良い条件で迷わずお貸しください。
予期せぬ農地を相続したが、
農業以外の仕事に就いているので困っている・・・
または遠隔の土地で、自ら農作業に携われない・・・
かといって貸したりすると相続税が課せられる・・・
そんな理由で誰も手をつけない遊休農地は増え続け
加えて優良農地までもが利権のために転用されるという
とんでもない事態を引き起こしています。
今回の改正ではここにもメスが入れられることになりました。
農地を相続したら、農業委員会への届出が義務付けられます。
そして農地転用に厳しい規制が布かれ、農地の保全が強化されます。
また先の農業委員会による、遊休農地を対象の指導・勧告が行われます。
しかしご安心ください。
農地の相続税納税猶予制度が見直され、農地を他の人に貸した場合でも、
適用が受けられるようになります。(市街化区域内農地は除く)

もっと詳しく知りたい方は、こちらからお問い合わせ下さい。

農業参入代行サービスを受けたい方

農地が今までより貸しやすく、借りやすくなります。
農地を最大限に利用
新農地法のテーマはここに集約されます。
まず農地の賃貸の許可については、一定の条件を満たせば、
法人については農業生産法人要件、
個人については農作業常時従事要件を満たす必要がなくなりました。
したがって株式会社も改正前のような地域の限定が解除され
全国どこでも利用権設定が受けられるようになり、
更にNPO法人も利用権設定の資格を持つことになります。
しかもこれまで企業は、耕作放棄地など
各自治体が指定した農地以外は借りられなかったのですが、
今後は優良農地の借り入れも自由になります。
農業参入をお考えの企業には絶好の機会です。

もっと詳しく知りたい方は、こちらからお問い合わせ下さい。

ホーム > 新農地法によってできること

サイト内検索
お知らせの購読

▲ページ上部へ戻る