Home > 新農地法によってできること > 農地の相続税納税猶予を受けたい方

農地の相続税納税猶予を受けたい方

遊休農地になりそうな物件は、より良い条件で迷わずお貸しください。
予期せぬ農地を相続したが、
農業以外の仕事に就いているので困っている・・・
または遠隔の土地で、自ら農作業に携われない・・・
かといって貸したりすると相続税が課せられる・・・
そんな理由で誰も手をつけない遊休農地は増え続け
加えて優良農地までもが利権のために転用されるという
とんでもない事態を引き起こしています。
今回の改正ではここにもメスが入れられることになりました。
農地を相続したら、農業委員会への届出が義務付けられます。
そして農地転用に厳しい規制が布かれ、農地の保全が強化されます。
また先の農業委員会による、遊休農地を対象の指導・勧告が行われます。
しかしご安心ください。
農地の相続税納税猶予制度が見直され、農地を他の人に貸した場合でも、
適用が受けられるようになります。(市街化区域内農地は除く)

もっと詳しく知りたい方は、こちらからお問い合わせ下さい。

サイト内検索
お知らせの購読

▲ページ上部へ戻る